働きやすくなれば生産性もあがる

今、私が注目しているのは「心理的な安心感」「関係の質」という課題です。

「心理的な安心感」が担保され「関係の質」があがると、「結果の質」もあがります。これはMIT(マサチューセッツ工科大学)のダニエル・キム教授が提唱した、組織の成功循環モデルです。

あなたの職場はどうでしょう?

関係の質(ギスギス職場、命令や押しつけがある)⇒思考の質(社員は思考停止、萎縮して視野も狭い)⇒行動の質(自律的、前向きな行動が産まれない)⇒結果の質(長時間働いても結果がでない)⇒関係性の質(さらにギスギス)という「負のサイクル」がまわっていないでしょうか?

関係の質(多様な人が互いに尊重し、一緒に考える)⇒思考の質(自分で気づき、考える)⇒行動の質(自律的、自発的に働く)⇒結果の質(成果がでる)⇒関係性の質(ワクワク職場)という「正のサイクル」に変わることが、働き方改革の本質ではないかと思っています。

では、「関係の質」をあげるためには、どこから手をつけるべきでしょうか? コミュニケーション研修でしょうか? いいえ、「時間資源」に着目することから始めるのです。

職場のギスギスの原因は、「長時間労働」による「思考停止」「コミュニケーション不足」や「勤務時間による差別」(育児や介護で長時間労働ができなくなると二流社員扱い)であることが多いのです。

だから、「労働時間」に一番に着目することで、さまざまな課題が見えてきて、それを解決することが「正のサイクル」へとつながるのです。