2018.09.20
# 実物資産 # 金 # 量的緩和

世界を覆う「マネーの増殖」から資産を守るための冴えたやり方

「実物投資」があなたを救う
田中 徹郎 プロフィール

「マネーの増殖」が起きている

では、その後このQEはうまく機能したのでしょうか。

結論から申し上げますと、うまく機能したといえるでしょう。10年前の9月にリーマン・ブラザーズが破綻して以降、世界経済は急速に悪化し、その結果、株や原油、ヘッジファンド、安全とみられていた先進国の債券や金(Gold)すら一時的に値を下げました。が、早くも翌年には相場は底をうち、緩やかな景気の拡大が始まります。

もちろんこれはQEだけによるものではなく、上記のような中央銀行による低金利政策や、政府が行った財政出動、資本注入などの効果もあったはずです。でもQEが世界経済の底割れ回避に大きく貢献したことは間違いないでしょう。

ただし物事には表と裏があります。

日米欧やイギリスなどの中央銀行が協調して大量のおカネを市場に供給した結果、いくつかの副作用も見え始めました。

まずはモノとおカネでの間で起きたバランスの変化です。2008年以降長期間にわたってQEを続けた結果、中央銀行による保有資産は膨張を続け、直近でその額は以下のようになっています。

アメリカ(FRB):1兆ドル未満→約4兆ドル

日本(日本銀行):約120兆円→約530兆円

ヨーロッパ(欧州中央銀行):約2兆ユーロ→約4.5兆ユーロ

注)→の左側はリーマン・ショック直前の数字、同右側は直近の数字

 

中央銀行の保有資産が増えた要因のすべてがQEによるものではありませんが、その大半は一連のQEによって、市場から国債などを購入することによって起きたといえるでしょう、逆に言えば日米欧の中央銀行は、国債などの買い入れの対価として大量のおカネを市場に供給したわけです。

この紙幣の増殖が市場に影響を与えないわけがありません、おカネが大量に供給される一方で、世の中にすでにあるモノはおカネほど急には増えません。紙幣一枚あたりの価値が薄まる一方で、相対的なモノの価値が高くなるという現象、言い換えれば“資産インフレ”は、すでに起き始めているのかもしれません。

SPONSORED