ノーベル賞受賞を手放しで喜べない「この国特有の理由」

10年後日本に受賞者は出なくなります
竹内 薫 プロフィール

ノーベル賞受賞者はなぜ、苦言を呈するのか?

……と、こんなふうに「わかりやすさ」を第一に説明してみました。より正確な内容を知りたい方は、専門家による書籍をご覧ください!

さて、ここからは、記者会見で本庶さんが提起した「基礎科学」について考えてみたい。

じつは、毎年、10月の初めになると、この話題でマスコミが賑わう。なぜなら、ノーベル賞受賞者の多くが、日本の基礎科学が弱体化していると苦言を呈するからだ。

日本の基礎科学は、本当に弱体化しているのだろうか?

それを示す数字はいくらでもある。たとえば、2018年版の「科学技術白書」によれば、2004年の日本の研究論文が6万8000本でピークだったのに、2015年は6万2000本に減ってしまった。

同じ期間で、中国は5倍に増えて24万7000本に、アメリカも2割以上増えて27万2000本になっていることを思えば、日本だけが「おいてきぼり」を食わされていることが理解できる。

また、論文の影響力を示す「引用回数」のランキング上位1割に入る論文について、日本は、2003〜2005年には5.5%(世界4位)だったのに対し、2013〜2015年は3.1%(同9位)に下がってしまった。

海外との共同研究が研究のレベルを引き上げ、未来のノーベル賞にもつながるわけだが、2000年に海外に派遣された日本人研究者は7674名だったのに、2015年は4415人へと激減している。このような数字は、枚挙にいとまがない。

 

「日本人ノーベル賞受賞者」激減時代の幕開け

数字とは別に、私の周囲を見回しても、

「博士課程になんぞ行ったら食っていかれない。なるべく早く、企業に就職しないと!」

という若者がめちゃめちゃ多い。大学院に残って研究者の道を選ぶ優秀な人材が、明らかに減っているのだ。

「べつに応用研究がさかんなら、基礎研究なんていらないんじゃね?」

もしもそう思われたなら、今回の本庶さんの研究を振り返るだけで、その考えが間違いであることがわかるだろう。

本庶さんはがんの専門家ではないから、がんの薬を開発する「応用研究」としてPD-1を研究していたわけではない。あくまでも免疫学者として、正体不明のPD-1を追究しているうちに、「がんの治療薬に使えるかもしれないね」となって、がん治療のパラダイムを変えるような大発見につながったのだ。

つまり、基礎研究が弱くなることは、将来、本庶さんのような研究が減ることを意味する。もっとわかりやすくいえば、ノーベル賞受賞者の数が激減する、ということなのだ。

科学・技術の「空洞化」をどう防ぐか

日本は資源に恵まれていないから、智恵を絞って、科学技術の成果を世界に売るしかない……、私が子どものころ、そんなふうに教わった。それが今、基礎の部分から音を立てて崩れようとしている。

日本経済は、一向に上昇する気配がなく、特にわれわれのような労働者の可処分所得は下がる一方だが、国が全体として貧乏になれば、そのツケは末端のわれわれに回ってくる。

国が全体として富むためには、日本の場合、基礎研究がきわめて大切なはずだが、その研究資金を削り続けたツケが、そろそろ回ってくる。すでに優秀な人材が科学者になる道を諦め始めており、今すぐに大胆な手を打たなければ、今後何十年にもわたって、日本の科学は空洞化してしまう。

国の借金を返済するために、さまざまな支出を削り始めたのが、小泉政権のとき。基礎科学は「要らない支出」の筆頭だった。

その後の政権も、同じ方針で基礎科学に回る研究費を圧縮し続けた。それが、この国の首を真綿で絞める政策であったことは、これから10年後、ノーベル賞受賞者がほとんど出なくなり、特許も取れなくなって初めて、理解されるのだろう。

いま、われわれは亡国の坂道を真っ逆さまに転げ落ちている。

為政者は、めでたいめでたいという前に、本庶さん(そして、歴代のノーベル賞受賞者たち)の警告に耳を傾けるべきであろう……。

【写真】無人の研究室ー科学・技術の空洞化をふせぐために
  科学・技術の「空洞化」をどう防ぐのか。本庶さん、そして、歴代のノーベル賞受賞者たちの警告に耳を傾けるべきであろう photo by iStock

関連記事