2019.01.20
# 学校・教育

英語入試改革に小学校英語…なぜ成果が見込めないのに断行されるのか

これは「お金をケチった改革ごっこ」だ
寺沢 拓敬 プロフィール

B・Cいずれも現実的ではないとして残ったのがDの「コスト回避を優先。英語力向上への効果を犠牲」である。典型的な施策としては、前述のとおり、現行の小学校英語や英語入試改革が当てはまる。

結局、近年の一連の英語教育改革は、厳しい(とされる)予算制約や政治的制約を前提として、消去法的に選び取られたものだと言える。 その結果として犠牲になったのが、第一に、期待される成果であり、第二に、行政が本来払うべきコストを肩代わりさせられた受験生や小学校教員である

 

英語入試改革にせよ小学校英語にせよ、改革の切り札として喧伝されているが、最初に述べたとおり、良く言えば「苦肉の策」、有り体に言えば「改革ごっこ」である。楽観的にもてはやすべきではない。

現実的な政策にはどんなものがあるのか

最後に、ではどうすればよいか考えたい。選択肢は次の2つしかないように考える。 ひとつは、表のBの選択肢、つまり、予算制約をなんとか解決し、効果の高い施策を行うこと。ただし、現在の教育財政の状況を考えると、短期的には困難だと考えられるので、中長期的な展望が必要になるだろう。

もうひとつは、成果が見込めないのなら、Dのような中途半端な(しかも、他者にしわよせが行く)施策をやめる。現在すでに蓄積のある英語教育インフラ――とくに中高の英語教育――を整備することにリソースを集中投下し、教育課程を抜本的に組み替えるような新規施策は控えること。

どちらも茨の道ではあるが、現状よりはかなりましだと思われる。

私たち市民に求められるのは、「改革の切り札」などという甘い言葉に流されず、改革によるコスト・犠牲を比較検討する冷静な目である。

関連記事