1月28日 スペースシャトル「チャレンジャー」爆発(1986年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1986年のこの日、民間から選ばれた女性教師マコーリフら7名を乗せたチャレンジャー号が、打ち上げ後1分13秒で爆発、乗員全員死亡という大惨事が発生しました。

【写真】チャレンジャー号爆発事故の瞬間
  事故の瞬間 photo by gettyimages

事故の原因は、固定ロケットブースター構造体の継ぎ目の設計不良、スケジュール至上主義の管理体制、現場からの報告を無視した打ち上げの強行、と事故調査委員会は報告しています。

NASAはこの事故ののち、徹底的に安全管理体制を見直し、組織運営の改革を行ったとされていましたが、2003年、またしてもコロンビア号空中分解事故を起こし、7名の宇宙飛行士が犠牲になりました。

コロンビア号事故調査委員会は、NASAはチャレンジャー号の教訓からほとんど何も学ばなかったと断定し、その運営体制を強く批判しました。

華々しい成果だけに注目するのではなく、その裏にある、犠牲やリスクについても厳しい目を向けなければならないとあらためて感じさせられた事件でした。

関連記事