不倫には「適齢期」がある

ここで、不倫に話を戻そう。

不倫はさまざまなデメリットがある……というよりもメリットの方が少ない恋愛だが(もちろん筆者は不倫を推奨する気持ちはさらさらないが)、それでも「不倫をすることで、さらに害のある年齢」がある。

それが女性では28~29歳、男性では33~34歳ごろだ。

上記の年齢で不倫を始めたとしよう。調査によると不倫の平均期間は1~3年。たとえば28歳で不倫を始めた女性が3年不倫をしたと仮定すれば、31歳で終わりを迎える計算となる。男性なら33歳に始めて、36歳で不倫が終わるとしよう。

そうすると、先ほどの「5歳刻みの壁」を乗り越えてしまうため、検索条件で足切りされてしまう確率が上がる。本人の魅力があったとしても、検索で見てすらもらえない可能性が上がってしまうのだ。

逆にいえば、女性が30歳で不倫を始めて平均的な終わりを迎えても、33歳。5歳刻みの壁は乗り越えていないため、アプリ等へ登録してもマッチング比率はそう変わらない。

不倫の誘いをうけたときに考えるべきことは「奥様の存在」「彼は離婚してくれるのか」「友達へ相談できない」などの感情論だけでなく「5歳刻みの壁を超えると自分は成婚できる可能性が下がる」という、ドライな数字である。

〔PHOTO〕iStock

実際に「5歳刻みの壁」を超えた女性は語る

実際に、28歳で不倫を始め、30歳で関係を終えたAさんに話を聞いてきた。

「彼と関係が終わるまで2年。といっても、会えるのは月に2回程度。彼が家族と過ごすクリスマスや年末年始、長期休暇は会えませんでしたからデートは30回くらいじゃないかなぁ……。彼には感謝してますけど、普通の彼氏だったらもっと会えたり楽しかったのにと思わなくもないです。

それに、(不倫相手の)彼と付き合う前もアプリ使ってたんですね。自分でいうのもあれですけど、そこそこモテたと思います。1日に何通も”いいね”が来て、むしろ選べないみたいな。だから何度かメッセージやって、ダルくなってやめちゃってたんですけど。

(不倫が終わって30歳になってから)再登録したら、やっぱり全然違いますね。”いいね”の数。むしろこっちから連絡しないとダメかなって、でも女がガツガツするのもなって思ってたらあと2ヵ月で31歳なんですけど……やばくないですか?」

同様の経験は筆者にもある。筆者は27歳で当時の彼と別れていた期間で婚活を1度行った。そして現在31歳として婚活をしているが、明らかにオファー件数が下がる。

20代には75歳のおじいちゃんなど「極端な年下好き」からも申請が来るので驚くことも多いが、それくらい年齢を問わず求められるのも20代なればこそだろう。

極端な年下好きとはさすがに結婚できないが、検索される数がたかが5歳刻みの壁を超えたせいで減るならばもったいない。