10メートルライン

2回目の見学会で、奇跡が起きた。

目の前に北村がいることに安心して、左足から振り出す。

撮影/森清

そして、右足。

うん、だいじょうぶ。いつもは右足が出にくく、歩行のリズムが悪いのだが、今日は上半身も使いながらスムーズに歩けている。

倒れないように、倒れないように。

最初はぎこちなかったが、次第にリズムをつかみ、テンポよく前に進みはじめる。

こういう瞬間を「ゾーン」と呼ぶのかもしれないと思った。6メートル、7メートル、8メートル、いつの間にか自己ベストを更新していた。しかし、前を歩く北村は、歩いても歩いても私との間隔を開き気味にする。「乙武、もっと歩け」と言わんばかりだ。

白く横に伸びるラインが近づいてきた。

10メートルラインだ。

北村はそこまで私を引っ張ろうとしているのだ。

-AD-

全身の疲労は限界に達していたが、北村の意思と参加者の声援が、私の黒いスニーカーに力を与え、白線を越えさせてくれた。

崩れるように腰を下ろす。

拍手を浴びながら、仰向けに倒れる。

熱く重たい身体に、冷たいトラックの感触が心地よい。

10メートル、ジャスト!

新記録、達成だ。