2019.09.16
# 医療 # がん

がんはなぜ「再発」するのか?…患者の前で言わないホントのこと

「完治」と言い切るのは無理がある
中山 祐次郎 プロフィール

「悪性」と「良性」の違い

がんは悪性であると言いますが、いったい何がどう「悪い」のでしょうか。「がん」という言葉はほぼイコール悪性腫瘍と言えますが、「悪性」という言葉にはこんな意味が込められています。

Photo by iStock

(1)勝手に増える(自律性増殖、アポトーシスの消失)

(2)周りを壊したり同じ人の中で血液やリンパ液を介して遠くに移ったりする(浸潤・転移)

(3)栄養を奪う(悪液質)

これらの性質があるものを、「悪性」と呼ぶのです。反対語は「良性」ですが、良性と悪性の線引きは実はあいまいです。良性でも勝手に増えたり、周りを壊したり、遠くに移ったりすることがあります。

 

基本的には「良性腫瘍は命に別状はなく、悪性腫瘍は命に関わる」と考えてよいでしょう(例外はあります)。脳にできる良性の腫瘍である髄膜腫などは、できた場所のせいで脳の機能に悪影響を及ぼすことがあります。

がん細胞は非常にタフなもので、過酷な環境でも死に絶えず、どんどん増えていきます。つまり再発する力が非常に強いのです。

感染症と比較してみても、それは際立ちます。代表的な感染症であるインフルエンザは一度治ってしまうと再発はまずありません。感染性腸炎でも、1ヶ月経って再発したということは極めてまれです。

しかし、がんは1年、2年、がんによっては10年ほど鳴りを潜めて人体に居続け、じわじわと増殖するという嫌な性質があるのです。

*訂正:2019/9/17 22時40分
CT検査について誤った記載があったため、専門家と筆者が協議の上修正いたしました。

SPONSORED