2019.11.02
# 本 # エンタメ

江國香織が驚愕! 片岡義男の「言葉をあやつる」凄いテクニック

小説の書き方「超入門」前編
片岡義男×江國香織×佐々木敦

ストーリーの論理

佐々木:片岡さんの小説ってほとんど毎回のように登場人物や主人公が電車に乗ってどこかに降りたりするんだけど、読む側はまた同じことを書いているというふうには思わない。不思議ですが、書き方が少しずつ違っていたりするんでしょうね。

片岡:そうですね。その主人公の状態によって違いますから。ストーリーの論理に合わせて書いてあるわけです。ですから一番大事なのはストーリーの論理かな、という気がします。

江國:そのとおりだと思います。ただ、ストーリーの論理はそのストーリーに固有のものですよね。ストーリーの論理ってどういうものですか、どうやるのが正解ですかっていうことは言えないし、わからないわけですよね。でもすべての小説に論理が必ずあるわけでしょ。それを歪めてしまわないように作者は書いていかなくちゃいけない。片岡さんの小説は、その正解率が極めて高いんです。

 

佐々木:正解率!

江國:論理を歪めない率というか、論理見出し率と言ったほうがいいかもしれない。電車に同じように乗っても、しかも場所もだいたい下北沢だったり、梅ヶ丘だったりが多いですけど、それでも既視感がないのはその論理が無傷だからなんです。

物語って一回性を持っているわけですよね。その物語の一回性が無傷だから、たとえ10話に同じ場面が出てきても、それぞれが1回しかないというのがとても伝わるんですよね。

片岡:どのストーリーも1回しかないんです。同じことを2度は書かないですから。それが1番僕にとっては大きいかな。同じことを書いていたらとてもやってられない。

佐々木:ストーリーの論理というものは、1つずつ、同じ小説家の方でも、1つの小説に最低1つの論理があって、1個1個全部違っている。でもトータルに見た時にその小説家ならではの論理性みたいなのがあるんだろうなって、読む側の方は思ったりするんです。

でもそれって、書いてる時に、あるいは書き出す前に、もう論理としてはっきり見えているわけじゃないですよね。書いていく中でその論理はどう出てくるのか、どこにあるのか、すごく気になります。

片岡:ストーリーの論理は、おそらく最初からあるんだと思います。書き手が自覚していないだけで、決まったところにそれはあって、決まった方向へ向かっていくのです。気がつかないで書く場合が、ひょっとしたら多いかな。途中で、「ああ、こういう論理かな」と気がつく。ですから後半と前半で言葉遣いが違っているかも知れない。

佐々木敦さんと片岡義男さん (C)VOYAGER

佐々木:ああ、途中まではまだ手探りというか。

片岡:普遍性のある、汎用性の高い言葉を使っているはずです。

佐々木:何かがフォーカスされていくということによって後半に向かう。

片岡:その場でしか使えない言葉を使っている、ということもあります。

関連記事