2020.01.15
# 飲食

絶好調ハイサワー女性社長が、それでも美尻カレンダーにこだわるワケ

3倍を心に、1円以下のお金こそ大切に
テリー 植田 プロフィール

成城石井の「目利き力」がもたらした転機

元号が令和に変わった後もその勢いはとどまるところを知らず、レモンサワーブームはさらに拡大しているように見えます。今もレモンサワーの新商品が続々とコンビニエンスストアやスーパーにびっしりと並べられているのはご存じのとおり。居酒屋で飲むような「味にこだわったレモンサワー」を、スーパーやコンビニでも買える缶入りのお酒チューハイとして商品化し、酒や飲料メーカー大手各社がこぞってテレビコマーシャルを流し、販売するようになっています。

田中秀子社長:
うちもお酒入りの「ハイサワー缶」のレモンサワーや、「ハイサワー缶プレミアム 沖縄シークヮーサー×レモン」といった商品を販売していますが、缶酎ハイ市場は1年間に400種類もの商品が発売される激戦区です。

大手アルコールメーカーは、全国放送のテレビコマーシャルを打って商品を認知させていきます。そのため発売当初、うちのような中小企業の商品はなかなかスーパーの棚に商品を置いてもらえませんでした。または、短期間で他社の新商品に押し出されることが多いんです。

でも、昨今のレモンサワーブームで、ありがたいことに「スーパーマーケット成城石井」のバイヤーさんが、「ハイサワーってどんな味?」って気にかけてくれるようになったんです。超大量生産の商品ではなく、こだわりの逸品を仕入れて置くポリシーの成城石井さんから「レモン果汁(シチリア産レモンの真ん中部分のみ贅沢に使用)の味がしっかりする」と評価され、取り扱いを開始してくださいました。

成城石井さんの売り場は他のスーパーのバイヤーも見ていますから、これを機にイオンスタイル・いなげや等、他のスーパーも採用し始めてくれました(一部店舗除く)。嬉しいです。
 

紆余曲折で辿り着いた、謎の「美尻」グッズたち

博水社3代目社長の田中秀子さんのこれまでの道のりは紆余曲折、トライ&エラーの連続でした。

テレビ番組「タモリ倶楽部」に出演しては、自ら他の出演者をもてなし、ジャズを歌う。「倉庫飲み」と称したファン感謝祭イベントでは、ハイサワー各種を振る舞い、食事も提供して乾杯の音頭を取る。ハイサワーファンとのコミュニケーションを図るためのグッズとして、毎年人気の「美尻カレンダー」や「美尻グラス」を制作する……。

とりわけ「美尻」に関する田中社長こだわりは並々ならぬものがあり、ポリシーは「女性も憧れる健康的で素敵な美尻!」と、女性社員だけの美尻グッズ部を立ち上げ、自ら日々トレーニングで鍛えている女性たちのもとへ出向いてモデルとしてスカウトしています。海岸での美尻カレンダーの撮影にはカメラマンらと共に出向き、雑用担当もいといません。

話題の「美尻ビシリカレンダー」2020年最新版

「美尻トレーニングや美尻ヨガクラスなどを見れば見るほど、女性がさらにきれいな体のラインを手に入れるべく、自らに磨きをかける時代が来ていると感じます」と、<美尻>へのこだわりを語る田中社長。トレードマークの白いスーツ、「大好き」という赤いヒールを身にまとい、ハイサワーファンや社員たちとの距離を近くすることをモットーに居酒屋などへ新商品の案内回りにも懸命です。

田中秀子社長:
子供の頃から親の会社や工場を見ていて、「会社の仕事なぁんて、楽々できるはず!」とずっと思っていたけれど、外から見るのと実際やるのとではまったく違っていましたね。

まず、工場で働く人たちの用語がわからなくて困りました。果汁の酸度・pH(ペーハー)・糖度・製造工程、ちんぷんかんぷんです。そこにきて、父から「うちはメーカー。自分で作った商品を売るんだから、まずは商品を自分で作れなければ何も始まらない」と言い渡されました。

「まずいなぁ、製造のことなんかわからない」。ということで、東京農業大学の社会人クラスに入って、基礎から勉強しました。

大学の授業が終わって工場に帰ってくると、さっき学校で教えてもらったことが工場の現場でリアルに行われている。わかってくると気持ちいい。

次の難関は会社の経理や財務で、税理士と話をするようになったら決算書の見方がわからなくて壁にぶつかる。今度は税理士の学校で法人税のコースを受講しに行く……。いつも勉強が後付けで、どうにかこなしてきた感じです。
SPONSORED