2020.04.16
# サブスク # 家電

外出自粛の今こそ知りたい、「家電サブスク」おトクな始め方

「価格」だけで選んではイケナイ?
コヤマ タカヒロ プロフィール

「シーズンだけ」利用もできる

とはいえサブスクの月額プランは36ヵ月間の支払い総額は4万円を超えるなど、通常に購入するよりは割高となる。それでもサブスクリプションには利点がある。

例えば、ロボット掃除機の場合、上記の『ルンバ641』を12ヵ月使ったあと、それを返却して、上位モデルの『ルンバi7+』(月額3800円)を借りるといったことができる。実際に製品を購入していると、こういった短期間での買い替えは難しい。

人気の『ヘルシオホットクック』は短期と月額、両方のプランを用意

また、花粉症シーズンに欠かせない空気清浄機はそれ以外のシーズンは使っていない場合もあるだろう。サブスクなら、空気清浄機『BALMUDA The Pure A01A-WH』(月額6000円・最低3ヵ月)を花粉の時期だけ借りて返却するという使い方もできる。

気になる家電を、高額の初期費用を払うことなく、低い負担で使い始められる。そして、最低利用期間が過ぎたら返却できるというわけだ。

 

レンティオでは、1週間単位などで借りられる家電の短期レンタルも行っており、現在は短期レンタルが約7割と主流を占めている。短期レンタルでは、運動会や旅行などで使われる、一眼レフカメラや『GoPro』などが人気のようだ。

また、調理家電ではほったらかしで料理できる『ヘルシオホットクック』も評判とか。『ヘルシオホットクック』の場合は14泊15日5980円で利用できる短期レンタルと月額4000円(最低利用期間3ヵ月)の月額プランを用意。利用者のニーズに応えられるようにしている。

SPONSORED