野球界から暴力が消えないワケ…「監督崇拝」という危うさ

宗教学者・島田裕巳が語る
元永 知宏 プロフィール

監督が選手と同じユニフォームを着るスポーツは、野球くらいだ。

「ラグビーの場合は、試合中にヘッドコーチはスタンドにいますよね。サッカーもベンチでコートやスーツを着ている。でも、野球は違います。監督を頂点に置くヒエラルキーのシステムがある限り、いまの野球界の風潮を変えるのは簡単ではないでしょうね。既得権益を持っている人は、絶対に奪われたくない。いかなる手段を使っても守ろうとする。そういうことがどの世界でもある。でも、野球の監督はそんなに偉いんでしょうか?」

 

監督もユニフォームを着る…その危うさ

メジャーリーグではゼネラルマネージャー(GM)の権限が強く、監督が編成権や人事権を持つことはほとんどない。日本でもそれに倣う球団も多くなった。しかし、高校野球では監督が主役となる場面が目立つ。春夏の甲子園でも、試合後のインタビューに初めに答えるのは監督と決まっている。大会のたびに、監督の通算勝利数が取りざたされるのも、日本特有の文化と言えるかもしれない。

「監督のところに利権が集まりますよね。お金だけでなく、それ以外にもいろいろなものが。日本には甲子園大会という特殊なものがあり、メディアが乗っかる形で肥大化していった。高校野球は市場が大きいから、いろいろな人が集まってくる。なかには、暴力的な嗜好を持つ人や権力が好きな人もいるでしょう。

でも、野球自体は科学的になってきているから、そういう人が排除される方向に向かっているはずです。いまは過渡期なんじゃないですか。暴力に対する社会の考え方だって、確実に変わっていますから」

関連記事