2020.05.26
# がん

がんを宣告されたら「まずやるべきこと」「やってはいけないこと」

元気なうちに知っておきたい
清水 研 プロフィール

仕事や家庭はどうすればよいか

II 生活のこと
Photo by iStock

自分の病気のことが理解できたら、次に生活のことを考えましょう。仕事や家庭生活において自分が担っていた役割を、どうしていくかです。

勤めている方は、主治医から治療方法や今後の治療スケジュールの説明があってから、治療を開始するまでのタイミングで会社に伝えるのがよいでしょう。基本的にはまず上司と話すことになるでしょうが、人事と直接相談される方もいます。会社が知りたいことは、

(1) どのくらい休むのか

(2) どのくらい仕事に支障があるのか

(3) どんな配慮をしなければいけないのか

この3点です。当初の予定どおりに治療が進まないこともありますので、休暇期間の延長の可能性があることも伝えておきましょう。

 

同僚については、どの人にどの程度まで伝えるかは、その職場風土によっても異なりますし、その方とご自分との関係性にもよるでしょう。全員に伝える必要はありません。ただ、一緒に取り組んでいる業務がある仲間には、仕事に影響が出ることが考えられます。上司経由でもよいので、病気や治療について伝えておくとよいでしょう。

SPONSORED