2020.05.24
# 新型コロナウイルス # 在宅ワーク # コロナ太り

気になる「コロナ太り」を解消する超簡単・お手軽「サバ缶」レシピ

免疫力を落とさずに体重コントロール
手嶋 英津子 プロフィール

健康面でもダイエットの面でも強い味方になる食材

これらを踏まえた上で、バランスの良い食事を意識していただきたいのですが、現在は新型コロナウイルスの影響で、外食もままならず「食事はコンビニ頼り」という方も多いのではないでしょうか? しかし、コンビニのお弁当は、揚げ物が多く、カロリーが高めになりがちです。

そこで、ぜひ活用していただきたいのが「サバ缶」です。サバ缶は、調理しなくてもそのまま使えますし、食べ応えもあります。健康の面から見ても、体にとって良いことが多い、積極的に取りたい食材です。

また、サバ缶は、サバを生のまま缶に詰めて圧力釜で加熱しています。そのため、サバの栄養素が流れ出ることなく、缶の中に閉じ込められているので、効率よく栄養が取れるのもうれしいポイントです。

サバに多く含まれる栄養素の一つに、ビタミンDがあります。

ビタミンDには免疫機能を調整する働きがあり、体内に侵入したウイルスや細菌に対して、必要な免疫機能が作用するように促します。そのため、感染症の発症や悪化の予防にも関与することが最近の研究でわかってきて、注目されているのです。

通常、ビタミンDは日光に当たることで、体内で生成されます。しかし、今は外出自粛で日光に当たる機会が減っている方も多いはず。ぜひ意識的に食材から摂取していただきたいですね。

 

また、サバ缶は、ダイエットの面から見てもおすすめです。肉と並んで主菜になる食材ですが、肉との大きな違いは脂肪の質。サバには、体に良い脂である、オメガ3脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(イコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

コンビニでお弁当を買うと、どうしても肉食に偏りがちになりますし、過剰な肉食は動脈硬化などの原因にもなります。手軽に食べられる魚は、意識して食べるようにしましょう。

SPONSORED