GAFAが世界をリード…「ニューノーマル」で激変するビジネスモデル

「リアル」からの決別は必至
野口 悠紀雄 プロフィール

GAFA+Mの時価総額は東証1部を上回った

アップル、アルファベット(グーグル持ち株会社)、アマゾン・ドット・コム、フェイスブックは、GAFAと呼ばれている。これらにマイクロソフトを加えた企業群(GAFA+M)は、ニューノーマルへの動きをリードしている。

グーグル、フェイスブックはコロナ禍で広告料収入が減ると考えられたが、業績は堅調だ。2020年1~3月期決算は、5社とも増収を確保し、最終損益も全社が黒字だった。

Google共同創業者 ラリー・ペイジ(photo by Gettyimages)
Google共同創業者 セルゲイ・ブリン(右、photo by Gettyimages)
Google現CEO サンダル・ピチャイ(photo by Gettyimages)
 

増収率が26%ともっとも高かったアマゾンは、電子商取引からクラウドコンピューティングサービスにいたるまで、危機への適応力と耐久性が高いことを示した。

2020年4月に、GAFA+Mの時価総額の合計が、東証1部約2170社の時価総額の合計を上回った。

2010年1月時点では、Facebookは上場しておらず、東証1部がGAFA+Mの5倍程度だった。2016年末時点では、東証1部が2倍以上大きかった。約3年半で東証1部の時価総額が4%程度減少したのに対し、マイクロソフトの時価総額は2.8倍、アップルも2.1倍になったため、このような状態になったのだ。

Apple創業者 故スティーブ・ジョブス(photo by Gettyimages)
Apple現CEO ティム・クック(photo by Gettyimages)

日本企業の株式時価総額トップはトヨタ自動車だ。アメリカ1位のマイクロソフトは、5月26日終値時点で時価総額が1兆3897億ドル。トヨタ自動車(1768億ドル)の約8倍だ。

関連記事