ラーメン二郎好きが心底呆れた…まがい物「二郎系」の薄っぺらな正体

本家の1杯に秘められたアブラの魔力
堀井 憲一郎 プロフィール

ただ、どんな事情にしろ「二郎」と名乗っていないのだから、残念ながらラーメン二郎ではない。名前を変えたら、何をやっても二郎側からは別に何も言われない。となると、やはりそれらは二郎ではない。

でも、味が少し似ているのは、そういう一部の店である。

「二郎『系』ラーメン」のほとんどは、二郎で食べるものとかなり違う味がする。

そもそも味は似せようとせず、見た目やシステムを似せようとしてるところも多いとおもう。

「もやしをどーんと大盛りにして乗せる」というのがわかりやすく、あとは「チャーシューを分厚く大きいものにする」というもの、この見た目さえ似せれば、もう完全に「二郎『系』ラーメン」である。

Photo by iStock
 

ほかには「ニンニク入れますか」という質問するというスタイルを真似るもの、それに類して「野菜を大盛りにするオーダーに応える」というようなものもある。これらどれか1つあるだけで、「二郎『系』ラーメン」に分類される。

チェーン店化してる店もある。

たまに入って食べてみると、見た目がすこし似てるだけで、それ以外は何も二郎らしくない。店の雰囲気も、ラーメンの味にまったく「二郎」を感じられない。

一緒に行ったやつに「さっきの二郎系どうでした」と聞かれて、ええええっ、いまのも二郎系に入るのかと心底驚いたこともある。それぐらいに違う。

決して真似できない本家のパワー

「二郎『系』ラーメン」が真似ていないものは、「二郎のパワー」だろう。

ラーメン二郎には、何だか知らないが恐ろしいほどの「パワー」が込められている。誰が込めたのかはわからないが(おそらく三田本店の総帥と、それを継承している各店の店長によるものだろうが)、めちゃくちゃ「パワー」が入っているのである。

だから食べるほうも、かなり元気な状態で向かわないと、たちどころに負けてしまうのである。「ラーメン二郎で負けた経験」というのは、多くの「二郎好き」にあるんじゃないだろうか。だから立ち向かおうという闘志も掻き立てられる。

関連記事