2020.08.30
# スポーツ

全アマチュアゴルファーに告ぐ。秘技「裏面バンカー」を体得せよ!

集中連載「科学的ゴルフ上達法」第8回
板橋 繁 プロフィール

「シャフトが、絶対に体から離れないようにすることです。

目の前にある大木の内側をすり抜けるように、クラブヘッドを背中側に残し、スーパーハンドファーストの状態を保ったまま、グリップエンドを直角に左腰の横に入れていきます。すると、クラブは体の近くを通って、『ハの字』を描くような軌道で動きます」(板橋氏)

クラブヘッドを背中側に残してスーパーハンドファーストの状態を保ったまま、グリップエンドを直角に左腰の横に入れていく

フォローでは左胸と左脇腹を後ろに引いて、背中が構えたときの正面を向くぐらいまでしっかりと回転する。クラブが背中側に入れ替わったらシャフトを立て、フェースを目標の反対方向に向ける──。この一連の流れをマスターすれば、バンスを使って簡単にボールを上げることができるようになるという。

【写真】フォローでは背中が正面を向くフォローでは背中が正面を向くくらいしっかり回転し、シャフトが立って、フェースが後方を向く

誰でも「裏面バンカー」が身につく必修ドリル

最後に、「裏面バンカー」ショットの感覚を養うための簡単なドリルを紹介しよう。

  1. バンカーに入り、目標に対してスクエアに構えたら、両足の真ん中にクラブヘッドでまっすぐ線を引く。そのラインがバンスを落とす位置になる。
  2. フェースを開いて構えたら、うねりのフットワークと体の回転を協調させてスイング。両足の真ん中に引いたラインの上にバンスを落とし、ラインより前方(ターゲット側)の砂を薄く削り取る。
  3. 少しずつスタンスを前に移動し、連続でこの動作を繰り返す。このとき、パーンと乾いた砂の音がすれば、バンスで砂を叩けている証拠だ。

このドリルのポイントは、ライン上に正確にバンスを落とすことと、なるべく薄く砂を削り取ることだ。

実際のボール位置は、両足の真ん中に引いたラインからボール1つ分、左側になるので、ラインの上にバンスを落とし、薄く砂を削り取ることができれば、フェースがボールの下に潜り込み、砂と一緒にボールをフワリと上げることができる。

「このドリルは、右手のワンハンドや左手のワンハンドでもおこなうとさらに効果的です。バンカーの苦手な方はぜひ練習してみてください」(板橋氏)

バンカー恐怖症の人も、この裏面バンカーショットを手に入れたら、すぐにバンカーが怖くなくなるはずだ。ぜひチャレンジして、いずれはプロのように、「ラフよりもバンカーがマシ」と豪語できるようになっていただきたい。

世界標準のスイングが身につく
科学的ゴルフ上達法 実践編

amazonはこちら

 シリーズ累計10万部突破! 

大人気メソッドの個別レッスンでのみ伝授される超実戦的テクニックを初公開!  「真っすぐ飛び」、「飛距離が伸びる」ドライバーの秘訣とは? バンカーやラフ、斜面から簡単に抜け出す打法とは?

日本の常識を打ち破る、おどろきの理論書に待望の第2弾登場!!


世界標準のスイングが身につく
科学的ゴルフ上達法

amazonはこちら

日本人ゴルファーの99%は間違ったスイングをしている!

飛距離「プラス50ヤード」、スコア「マイナス20」を最速で達成できる大人気メソッドが初の書籍化!!

クラブの設計・構造を最大限に活かす「世界標準のスイング」とは?

関連記事