「陰謀論信奉集団」Qアノン、ついにアメリカ議会の議席を獲得…!

トランプ主義の不気味な拡散は続く
中岡 望 プロフィール

着実に、着実に

では共和党は、QAnon議員や運動を受け入れることができるのだろうか。

決して大きな流れではないが、共和党内部にQAnonを受け入れるグループが確実に存在している。ケリー・ローファー共和党上院議員はグリーン候補を支持し、「ジョージア州でQAnonのやっていることを気にする人はいない」とグリーンを擁護している。

またグリーン候補が同上院議員を支持する声明を出した時、ツイッターで「彼女が正式に私の選挙を支持した。私は、この強力で、保守的な闘士がチーム・ケリーに加わったことを誇りに思う」と書いている。

テネシー州のスーザン・リン州下院議員は自分のフェイスブックに星条旗とQを組み合わせた旗を掲載し、QAnonのスローガンである「The Great Awakening(大覚醒)」のハッシュタグをつけてツイートしている。連邦議会だけでなく、州議会でみればQAnon支持者は相当な数に上るだろう。

QAnonを容認する動きは保守派や共和党内に着実に増えている。

保守派の人々の間には、民主党と共和党のエスタブリッシュメントは腐敗しているという根強い意識があり、そうした腐敗したエスタブリッシュメントからアメリカを救う必要があり、それを押し進めているのがQAnonであると受け止めている。

 

グリーン候補が当選したジョージア州上院選挙の立候補者は「QAnonは共和党の本当の底流になっている」と語っている。QAnonの支持者が共和党内の少数派であるが、重要な存在になりつつあることは間違いない。

関連記事