2020.12.13

10代がハマるTikTokに、「アンチ」「批判」が存在しない理由

TikTokで何が起きているのか
桂木 きえ プロフィール

もしTwitterで、彼らが同様の投稿をしたら……と思うと、若干の恐怖にかられる。彼らの年齢を揶揄するアンチコメントがつかないとはとても言い切れないからだ。

一方でTikTokユーザーたちは、彼らのことを両手をこれでもかと広げて歓迎する。「こんな上司がいたら最高!」「こういうことできる人は絶対仕事もできるよね」「こういう風に年を取りたい」そんなコメントが一斉についているのだ。

相手が誰であれ手放しに歓迎し、褒め、アンチは絶対に受け入れない。そんなZ世代がインターネットに求めているのは、隣人愛にあふれるユートピアなのではないだろうか。

 

もとから友達のようなコミュニケーション

Z世代のこうした「隣人愛」は、コメントだけではなく、「コラボ」というTikTok独特の機能にも発見することができる。

「コラボ」とは、ほかの誰かの過去の投稿と自分の動画を左右に並べて投稿できる機能のことだ。特定の投稿とそれへのリアクション動画を並べてみたり、同じダンスをコピーして同時に踊ってみたりと様々な使い方がされているが、近ごろ流行している「コラボ」の使い方で興味深いのがこれだ。

●「友達を接客するコンビニ店員」
https://vt.tiktok.com/U9sBNB/

あるユーザーの「コンビニ店員」のものまね動画に対し、HKT48の田島芽瑠が「コラボ」動画を投稿して話題になった。冷やかしに来た友達に対し焦りながらもコミカルな対応をするコンビニ店員。その設定中の「冷やかしに来た友達」側を演じ、アンサー動画として投稿している。

関連記事