2021.01.31
# エンタメ

日向坂46とオードリーの相性抜群…『日向坂で会いましょう』がアイドル番組の枠を超えて人気のワケ

現代ビジネス編集部

また、5歳でホッピングで鼻を強打して出血した山口。6歳に「同じ子を2回〇〇で殺しかける」という項目には、「ハンマー」「ホッピング」「砂丘」「言葉の刃」など次々とボケ回答が連発した。

その後、指スマ(ちっちーの、ちっちちーばる)対決や、謎の遊び「やどうふ」、剣道対決などのくだりが続いた。やどうふについては、缶蹴りの物バージョンという説明がされたが、謎に包まれたままだった。

山口は放送後にブログを更新し、この遊びについて解説していた。

山口のブログ

簡単に言うと、、、
例えばサッカーゴールをやどうふにしたら鬼は〇〇見つけた「やどうふ」って言ってサッカーゴールにタッチします。
その後にほかの逃げている人が鬼がそれをする前に「やどうふ」って言ってサッカーゴールをタッチするとみんな逃げれるっていうゲームです

 

わかるようなわからないような……。

毎回、ボケとツッコミ、フリとオチ、むちゃぶり、大喜利……まるで芸人の番組かと思うほど笑いどろこが多い『日向坂で会いましょう』。次回の放送も楽しみだ。

関連記事