昨年3月にJリーグ常勤理事に就任した佐伯夕利子さん(47)は、2003年にスペインで日本のS級ライセンスに相当する「NIVEL III」を取得。3部リーグの監督に就任した際はスペイン国内で大きな話題になった。その後アトレティコ・マドリードやバレンシアCFでキャリアを積むなど、欧州に根を張る日本人サッカー指導者のパイオニアのひとりだ。

ライセンスを取得した時の佐伯さん 写真提供/佐伯夕利子

12年間ユースコーチ等を務めたビジャレアルCFで、自らが経験した指導改革をまとめた『教えないスキル ビジャレアルに学ぶ7つの人材育成術』(小学館新書)をこのほど上梓。発売前から各ネット書店で売り切れが続出するなど注目されている。

一方、佐伯さんと2005年頃から交流のある池上正さん(64)は、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉、京都サンガF.C.で育成部長等を歴任。8万部のベストセラー『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(小学館)など多くの書籍で、子どもに考えさせる指導のあり方を伝えてきた。
育成畑を歩いてきた2人が共通して目指すのは、誰ひとり置き去りにしない、よりよい人材を育てるスポーツ界と教育界。そのために大人は何をすればいいのか。

 

教えるのではなく、「学ぶ環境を整える」

――「doingよりbeing」佐伯さんがおっしゃるように、何をするかよりも自分たちがどうありたいかを考えることが、人を成長させることにつながりそうです。

池上 指導を変えましょうと講習会やセミナーを続けるなかで、「私は池上さんを参考にしています。〇〇地区の池上と呼ばれている」とおっしゃる人が出てきました。そこでその方がやっている練習を見に行ったら、私とはまったく違う態度で練習されていました。

佐伯 わかったつもりになってしまう。とてもよくわかります。自分もそうだったので。そこからどう深めるか。方法論よりも、指導者はどうあるべきかという根っこの部分を学ぶ必要がありますね。

池上 教えるのではなく、子どもが学ぶ環境を整えてあげるのが指導者の仕事。根っこの部分が、佐伯さんの本に明文化されていました。「選手にとって心地よい学びを提供する」「学習効果を高める」「答えを持たない」などなど、まさしくそうだと納得しました。子どもがやったことが、その子の、その場面での「正解」だから、答えを持たないようにと伝えてきましたが、結果的に仕向けてしまうことになる場合もあります。

佐伯 やはり「どうありたいか」に戻ることだと思いますね。私自身、「教えなくては」と構えていたときは、動詞をすごく使っていました。これをやる、これを言う、こうやらせる、というふうに。そうなると「教える」はコーチや親、上司の側が主語になりますね。いや、それは教えるじゃなくて「学ぶ」なんじゃないか。「選手が学ぶ」。選手を主語にすべきでしょ? と自分たちで結論付けたのです。

池上 軸が大人側ではなく、子ども(選手)ということですね。

佐伯 議論の末、指導する際の軸足を選手側にもっていくことができました。すると、少しずつ私たちコーチが自分たちのミーティングで話す内容が変わってきました。「あいつはここがダメだから、これをやらせなきゃ」みたいな自分本位の話ではなく、「選手はどう思うのかな?」「選手は何を感じているのかな?」と彼らにベクトルが向いた。つまり、彼らを知ろうという姿勢に変わりました。

高校生とのミーティング風景 写真提供/佐伯夕利子