アメリカでアジア系住民への人種差別・攻撃が燃え上がっている

中国系排斥は歴史的に繰り返されてきた

アトランタ銃撃事件の被害者

3月17日、ジョージア州アトランタ市にある3か所のスパで起こった銃撃で合計8名が殺害される事件が起こった。

アトランタ・銃撃現場 by Gettyimages

午後5時に4名が銃で射殺された。それから45分後、2度にわたる銃撃で4名が殺害された。8名のうち6名がアジア系アメリカ人であると見られている。韓国外務省は被害者の4名は韓国系アメリカ人であるとの見解を発表している。逮捕された容疑者は21歳の白人男性である。

事件の全容や殺害動機は明らかになっていないが、多くのアジア系アメリカ人が犠牲者になったことから、現地のメディアは「アジア系アメリカ人に対するヘイト・クライム」であると一斉に報道した。

この事件を受け、アジア系アメリカ人が多く住むワシントン州シアトル市のジェニー・ダーカン市長は「アトランタのアジア系アメリカ人に対する攻撃は“ヘイト・クライム”である」と非難声明を出し、同市警察はアジア系コミュニティに対する保護措置を強化すると発表した。

ニューヨーク市警反テロ対策局もツイッター上で「市内のアジア系コミュニティを守るために最大限の注意を払い、警備を増強する」との声明を発表している。

 

従来の個別的なアジア系アメリカ人に対する犯罪行為とは違い、大量のアジア系アメリカ人が犠牲になったことで、改めてアジア系アメリカ人に対するヘイト・クライム問題が注目されている。

関連記事