2.やっぱり向井理の大人男子は最高だ

もちろん主演女優がどんなに輝いていても、恋愛ドラマですから男性陣が微妙だと全く感情移入はできないものです。その点、このドラマは様々なタイプの男性が登場し、皆それぞれにいい味を出しています。中でも素晴らしい!と感じたのが、主人公が勤める会社の社長を演じている向井理。穏やかで飄々としていて、でもサラリと仕事ができる。そして主人公を見つめる大人の男の優しい目……。

[PHOTO]gettyimages
-AD-

さてこのキャラクター、何かデジャヴを感じませんでしょうか? そうです、2019年に放送され、やはり向井理が演じて社会現象となった、あの『わたし、定時で帰ります』(TBS)のスーパー見守り男子・種田晃太郎です。

とにかく仕事ができ、常に主人公を見守り、困っているときは必ず救いの手を差し伸べ助けてくれる。押しつけがましさゼロで……。こんな現実には存在し得ない種田を、向井理は「本当にいるかも」というリアリティを持って演じ上げ、世の疲れた女性たちを体の芯から癒してくれたのです。

この頃、やや方向性に迷い勢いが落ちていた向井理でしたが、この種田役で大復活。ミステリーやコメディに出演すると、悪くはないんだけどやっぱり何か物足りない……と思っていたところへ、この“理想の大人男子再び”です。第一話では、向井理は社長の座を追われ主人公の前からも姿を消してしまいますが、今後どのような恋模様を見せてくれるのか。期待しております。