2021.05.06
# 韓国

韓国がアピールする「GDP世界10位」、それがメチャクチャ「もろい数字」だと言えるワケ

高安 雄一 プロフィール

ではこの順位の入れ替わりは持続するのであろうか。まず韓国は2020年におけるGDPの落ち込みが小さかったので、他の国のように2021年以降に反動により大幅に成長率が高まることは見込めない状態である。

さらに、ロシアのルーブルやブラジルのレアルは、コロナ禍を要因として一時的に下落しており、これも2021年以降は徐々に元に戻っていくことが予想される。

 

2020年に韓国がGDPでロシアとブラジル、一人当たりGDPでイタリアを抜いたことは一時的な要因によるものであり、早ければ2021年、遅くとも2022年にはコロナ禍の収束とともに、これらの国に再び抜き返されることはほぼ間違いない。今回の順位変動は、経済は一時的な動きではなく長期的に見なければならない典型例ともいえよう。

関連記事