「貧乏な結婚」はしたくない…パパ活にハマった33歳OLが婚活を止めた理由

パパ活~新貧困時代の女たち(1)後編
安本 由佳 プロフィール

愛も幸せも…すべての判断基準が「お金」

「今も特に結婚を焦ってはいませんが……最近『うまいことやったな』と感心する女友達がいます」

すでにパパ活歴3年、33歳となった美奈さんがそんな風に語るのは、20代前半の頃にギャラ飲みで知り合った、同い年の女友達(以下、Aさん)である。

Aさんは元より「私はお金と結婚する」と断言しており、ついに昨年、お見合いパーティーで知り合った仙台市の開業医に嫁いだ。

 

一体、どんな相手と結婚したのか。興味が湧いた美奈さんは、医院のホームページを調べて経歴や写真をチェックしてみたらしい。感想はというと……「20歳近く年上だし、確かにお金以外の魅力はなかった」そうだ。

しかしながらAさんは、普段は仙台市内の豪邸で暮らしているものの、しょっちゅう東京に遊びにきては高級ホテルに宿泊している。夫とは別に、東京に年下の恋人がいるのだ。

「宣言どおりお金と結婚し贅沢三昧して、恋愛は別で楽しんでいる。これまで人妻に憧れたことはなかったけど、正直Aさんのことは羨ましいですね」

そうは言いながらも、美奈さん自身は現在も婚活の類を一切していない。

Aさんのように本気で玉の輿婚を狙うなら、ハイスペック男性限定の結婚相談所に登録するとか、年収足切りをした上でマッチングアプリを活用するとか、いくらだって方法はある。

それがわかっていても、美奈さんは行動に移さない。いや、移せない。

素敵な人に出会える保証などなく、むしろほとんどの場合ハズレというのが結婚相談所やアプリの出会いの現実であるのに、悠長に出会いを繰り返す時間がもったいなく思えてしまうからだ。

パパ活で確実にお手当をもらうほうが、よっぽど有意義な時間の使い方だ――そういう価値判断のもと、美奈さんはパパとのアポイントを何より優先する。それゆえ空いた時間はすべてパパ活の予定で埋まっていく。

お金をくれない男たちとデートを楽しむ時間も心の余裕も、今の彼女にはないのだ。

関連記事