コロナによる「社会的孤立者」の増加、男性と高齢者で顕著に!

全国インターネット調査で判明
村山 洋史 プロフィール

コロナ禍で社会的孤立者はどのくらい増加したか?
——全国インターネット調査

これまで私たちは、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置、社会的距離の確保など、様々な感染・まん延予防策を経験してきました。

お分かりかと思いますが、感染・まん延予防を厳密にすればするほど、他者とのつながりは断絶せざるを得ず、社会的孤立に陥る可能性は高まることが危惧されます。しかし、コロナ禍で社会的孤立が増加したかどうかについての科学的エビデンス(根拠)は多くありません。

筆者らは、15~79歳までの28,000人を対象とした全国インターネット調査(2020年8月~9月実施)を行い、新型コロナまん延前(2020年1月)とまん延中(2020年8月)のそれぞれの時点での社会的孤立を調べました。

ここでの社会的孤立は、別居の家族あるいは友人・知人と「会う」「メールやLINEなどでのメッセージのやり取り」「電話などでの音声通話」「Zoomなどでの顔が見えるビデオ通話」の合計が週1回未満であることと定義しています。

70代の男性では、孤立者が10%以上も増加(Photo by iStock)

解析の結果、男女ともどの年代でも、新型コロナのまん延によって社会的孤立者は増加していました。全体では、まん延前では社会的孤立者割合は21.2%だったのが、まん延中では27.9%になり、新型コロナの流行によって社会的孤立が6.7%増加したことになります。

また、増加の度合いは、高齢であるほど大きいこと(10~20代の増加割合が約3%に対し、60~70代は約8%)、男性であるほど大きいこと(男性は7.6%、女性は5.6%)が分かりました。表には示していませんが、70代の男性では、10%以上も孤立者が増加していました。

新型コロナまん延前とまん延中の社会的孤立者の割合

テレビ等のメディアが、孤独感を加速

男性の方が孤立しがちなことは、多くの研究で共通して報告されています。しかし、コロナ禍によって男女の格差がさらに顕著になったといえます。また、コロナ禍でオンラインでのつながりが盛んになりましたが、高齢世代はこの流れに順応しにくく、社会的孤立者が増えてしまった可能性があります。

さらに、まん延前は社会的孤立でなかったものの、まん延によって社会的孤立に陥った人は、全体の8.3%でした。このような人たちは、新型コロナ流行前から一貫して孤立状態にある人と比べて、孤独感が高く、新型コロナに関する恐怖心が強い傾向がありました。

このことから、未曾有の危機に伴って孤立してしまうことは、慢性的に孤立していることよりも、私たちの精神的健康に悪い影響を及ぼしていることが分かりました。

周囲から孤立している人は、日々の情報源をテレビ等のメディアに依存してしまいがちです。テレビでは、ニュース番組やワイドショーが新型コロナに関する話題をセンセーショナルに伝え、様々な“専門家”があれこれ私見を述べます。それらに多く曝されることで、負の感情が刺激され、孤独感や恐怖心を抱きやすかったのかもしれません。

関連記事