2021.06.07

新垣結衣の結婚に不穏な空気…「引退&アメリカ移住」説が飛び出したウラ事情

大河ドラマが「花道」になる可能性も…

本当に結婚できるのか…?

星野源(40)と新垣結衣(32)が電撃結婚を発表してから、2週間以上が経過した。

ビッグカップルの誕生に、本来だったら女性週刊誌を中心に“入籍はいつ?”とか“妊娠しているんじゃないか”といった話題で大盛り上がりを見せてもいいはずなのに、どうしたことか芸能マスコミの間には梅雨空のようなどんよりとした空気が漂っている。

芸能記者の中には、“このふたり、本当に結婚出来るのか”という辛辣な言葉を口にする輩も出始めている始末だ。

新垣結衣との結婚を発表した星野源[Photo by gettyimages]
 

このどんよりとした空気の要因となっているのが、結婚発表直後の新垣の所属事務所の反応だった。

星野との結婚と同時に発表された、新垣の“専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました”というコメントを、一部マスコミが“事務所退所、独立”と書き立てたことに対して激しく噛み付いてきたからだ。

所属事務所はこの発表に、“契約は終了していません”と異議を唱えた上で“今後も弊社が窓口になることは変わりません。退所、独立ではなく契約形態の変更です”と、複数のマスコミに対応した。

このことから、星野との結婚を歓迎していないという新垣の事務所側の意向が理解できる。

そして事前に十分に話し合いがおこなわれていないまま、発表された結婚と契約終了が窺える。

SPONSORED