2021.06.24
# 米国株

「FIRE」を達成した私がアマゾンやテスラといった「成長株」に手を出さないワケ

狙うは「高配当株」「連続増配株」
経済的に自立し、アーリーリタイアを果たす「FIRE」という生き方が、世界中で注目を集めている。人気ブロガーで著書『今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術』(宝島社)を出版した「おけいどん」こと桶井道さんは、47歳にしてサラリーマンを卒業、築き上げた資産約1億円とともに「FIRE」を達成したという。そんな桶井さんに、「FIRE」するためにはどんな株を買えばよいのか、ズバリ教えてもらった。

「明確な目標」を設定しよう

FIREを実現するためには、労働で稼いだ収入から貯金しつつ、その一部を投資に回すことで「お金がお金を稼ぐ仕組み」を作ることが大切。この記事では、おけいどん式の「投資で増やす」手法を解説します。

Photo by iStock

「働かないで運用益だけで暮らす」という黄金の均衡状態を手に入れるためには「〇歳までに〇〇〇〇万円(もしくは〇億円)の資産を築いてFIREを達成する」という明確な目標をあらかじめ設定しておくことが大切です。

ただなんとなくお金を貯めて……というのでは絶対に(と断言してしまいます)、うまくいきません。賃金は伸びず、退職金もそんなに期待できない時代です。あなたの強い意志でゴールを決めて、予定を立てることが必要なのです。

いつまでにいくら、という自分の中の“目標”が決まったら、その目標をいったんのゴールとして据えます。そして、ゴールに至るまでどのようなポイントを乗り越えればいいか、5カ年計画を策定してみましょう。

最初の5年で○○○万円の貯金と○○○万円の投資、利回りの目標は○%といった具合です。さらに5カ年計画を1年ごとに分けて「年間目標」も作成。日々、その目標を達成すべく運用していきます。

 

企業は、中期経営計画を作り、それをもとに年間計画(決算予想も含む)、四半期計画、事業別予算、部門予算、個人目標と、ゴールを達成するための細部の目標を練り上げていきます。われわれ個人も、人生で大きな目標を達成するときは、先にセットゴールをして、そこに向かってアプローチをしたほうがいいと思うのです。

僕は日本を含む世界の高配当株もしくは増配株に投資して、配当金を再投資にあてる手法で「お金がお金を勝手に稼いでくれる仕組み」を作っています。

SPONSORED