2021.06.26
# 韓国

文在寅の“自爆”が再び…! まさか「G7集合写真の“無断編集”」が韓国大炎上で、いよいよ“万事休す”へ!

羽田 真代 プロフィール

韓国メディアが「報じていること」

G7開催前、日韓両政府は「首脳会談の予定はない」と公表していたが、韓国メディアは首脳会談開催の可能性についての言及を繰り返していた。

その後、日韓首脳会談が開催されることなくG7が幕を閉じてからは「略式会談の開催が決まっていたにもかかわらず、日本側が一方的に拒否した」という報道を展開している。

このほかにも、G7会期中に日韓両首脳は挨拶を交わしたことがニュースとして取り上げられたが、先に声を掛けたのが文在寅大統領であったことから「韓国側は日本に歩み寄り努力している」「韓国の努力に日本側は応えようとしない」とも報じられた。

まったくの曲解だが、前述の日本国内での報道と相まって、韓国内では「日本がまた真実を捻じ曲げた」「日本人は口を開けば嘘をつく」などとインターネットに書き込む人たちが出てきている。

日本批判がまた… photo/gettyimages
 

さらに、日本が会談を拒否した理由が、6月15日に行われた竹島の軍事演習への抗議にあると報じられたこともあって、批判の声が増幅している。

ここ最近、韓国メディアの中には、レームダックに陥りつつある文在寅大統領に厳しい指摘を続けるところもあったが、ここへきて文在寅大統領の擁護に転じた印象もある。それは、来年の大統領選に野党候補として出馬が噂される前検事総長の尹錫悦(ユン・ソギョル)氏の“今後”が心許ないからと目されている。

SPONSORED