高齢化や過疎、都市部への人口集中など、今、日本各地でコミュニティはさまざまな問題を抱えています。そんな中、「人とのつながり」に焦点をあて、新たな方法でコミュニティを再生させようとする地域や団体が増えています。

商店街の事例から、これからのコミュニティのあり方を探りました。

 

商店街再生のキーワードは
「応援の連鎖」と「挑戦」。

高齢化や大都市への人口流出に頭を悩ませているのが地方の商店街。そんな中、注目を集めるのが宮崎県日南市にある油津商店街だ。1965年には80店舗ほどあった商店は2013年には28店舗に減少。「猫すら歩かない商店街」と呼ばれた。その再生に着手した人物のひとりが木藤亮太さん。九州を中心にまちづくりのコンサルティングを行ってきた木藤さんは、333人の応募者の中から選ばれた「地域再生請負人」だ。

「通常のコンサルティングの場合、実際は月に数度出張して業務を行うのが一般的。でもそれでは地域の人との関係性が生まれづらい。日南市の場合は4年間の移住が条件ということで、これは地域と深くつながりながら、まちを変えていくことができるぞと思い、応募したんです」

 

家族とともに日南市に移住した木藤さん。が、当初、商店街の方々とは距離があった。

「僕は有名人でもないし、大きな実績もないですから当然です。しかも外から来た若造がいきなり『商店街を盛り上げましょう!』なんて、最初は誰も信用してくれませんよね」

そこでとったのが自ら商店街の空き店舗を改修し、カフェのオーナーになるという驚きの行動。借金の額、なんと800万円!

「商店街の方々は自分で商売をしている“プレイヤー”です。僕もプレイヤーのひとりになることで、みなさんの苦労を少しでも知れると思いましたし、何より覚悟を持って取り組んでいるということを見せたかった。借金もしちゃったし、任期が終わっても返済するまでここで商売するんですよって(笑)」

覚悟を持って同じ土俵に立った若者を、商店街の先輩たちは応援してくれた。そしてその“応援する気持ち”こそが、その後の油津商店街の奇跡の復活のキーワードとなる。