オードリー若林も絶賛する「片頭痛」の新薬「エムガルティ」が賛否両論を集めている

じっと耐えるしかなかった…

M-1決勝進出に匹敵する朗報だった

4月26日から使えるようになったばかりの片頭痛の新薬「エムガルティ(ガルカネズマブ)」(イーライリリー社)が大注目されている。

発端は、お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭さんが、5月1日放送のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)の中で相方の春日俊彰さんと交わしたトーク。若林さんは小学生の頃から長年苦しんできた慢性的な頭痛が、エムガルティを注射したおかげで劇的に改善したと語った。その効果は「M-1の決勝。2008に匹敵するくらいの自分としては変化」だというから凄い。

photo by gettyimages

頭痛には、大きく分けて一次性頭痛と二次性頭痛がある。一次性頭痛は従来、慢性頭痛と呼ばれていたもので、CTもしくはMRIといった高度医療機器をもって精査しても脳内に明らかな異常の見つからない頭痛であり、主な頭痛としては片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などがある。若林さんの頭痛は、一次性頭痛のなかの片頭痛にあたる。

一方二次性頭痛は、頭痛の原因となりうる異常が脳内もしくは体のどこかに存在し、この異常を治療しない限り頭痛が改善しない、また時には生命の危機に関わる可能性もある頭痛を指す。くも膜下出血や脳腫瘍による頭痛や、副鼻腔炎による頭痛は、二次性頭痛だ。また、頭痛に対して、市販の頭痛薬を使い過ぎることで頭痛が慢性化してしまう、薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)も二次性頭痛に分類される。

一般的には大多数の頭痛持ちの頭痛は、明らかな頭痛の原因が見当たらない一次性頭痛であるがために、命にかかわることがないのだからとか、気の持ちよう次第などと軽く扱われて周囲の理解が得られず、患者は非常に辛い思いをしていることが多い。若林さんも子供時代には母親から仮病を疑われ、散々な目にあったという。

 

片頭痛に悩まされている人は、日本中で推定840万人。片側の頭がズキンズキンと脈を打つように痛み、痛みと共に吐き気や嘔吐、下痢などの胃腸症状や光、音、さらには臭いなどに過敏となり、頭痛が増悪するなどの随伴症状を伴う。時には動けないほどの発作が数時間から数日続くこともある。

関連記事