2021.06.26
# 日本株

日本株で3億円増やした元会社員Vtuberが『四季報』から選んだ147銘柄を一挙公開

はっしゃん プロフィール

「利益の成長」が株価に影響する

がむしゃらに売上を伸ばそうとする段階にあるか、堅実に利益を伸ばそうとする段階にあるか。企業の成長ステージがどの段階かによって、投資判断は異なります。(2)(3)(4)について判断に迷うときは、四季報の業績評価欄を確認したり、ネットで企業の情
報を調べたりしましょう。

以上をもとに、不合格の場合はマークした付箋をはがしてください。

なお増減の判定は、パッと見で伸び続けているかどうか、という程度でもOKです。1年くらいマイナスの年があっても構いません。

 

株価に最も影響する要素は「利益の成長」です。

利益が10倍になると株価も10倍になることが期待できます。1年で利益が10倍になることはまれですが、5年・10年かけて10倍になる企業は意外とたくさん存在します。もし年25%の利益成長が10年続けば、累積利益はほぼ10倍になります。

こういった企業を見つけるためにも、増益のチェックが大切なのです。

前編記事でご紹介した図1-3は、神戸物産の業績です。2017年から2020年まで、連続して売上・利益がともに増加。業績チェックも合格ですね。神戸物産はタピオカブームのころ冷凍タピオカで話題になりましたが、その後も持続的に成長しているようです。

さて、私は四季報春号で付箋を貼った147社に業績チェックを行い、図1-4のよう
に110社まで絞り込みました。皆さんの結果はどのようになったでしょうか?

SPONSORED