16歳と4歳の2人の娘を持つmaronさん。二世帯住宅に同居する過干渉な義母とモラハラ夫に悩まされています。結婚当初から続く毒義母の暴言、そしてモラハラ夫からの経済的DV…ついに過呼吸を起こしてしまった衝撃エピソードを綴った前編記事に続き、いよいよ反撃に出ます。
【前編】毒義母とモラハラ夫に3時間罵られ、過呼吸に…「ごめんなさい、ごめんなさい…」

もう一緒に暮らすのは限界

関東のはずれに住むアラフォー主婦の私。2人の子供を育てながら在宅でライターをしています。一見、普通の主婦に見える私には“普通じゃない事情”があります。

それは、超モラハラ旦那&サイコパス義母と一緒に暮らしていること。「誰に食わしてもらってるんだ!嫌なら出ていけ!」と怒鳴り散らす旦那と、「あなたは嫁失格、母親失格。病院に行ったほうがいい」と全人格を否定する義母、そしてその横でヘラヘラと笑みを浮かべる義父のトリプルコンボと闘い続けてきました。

ある日、夫と義母からの3時間に渡るイビりをきっかけに、私は過度のストレスで過呼吸発作に襲われました。子供たちには父親が必要なのではないか…ずっとそう思い我慢してきましたが、さすがに危機感を覚えた私は夫から離れようと決意。旦那が義母宅へプチ家出したのをきっかけに自宅の鍵をまるごと交換して、家へ入ってこれないようにしたのです。このような強硬手段に出たのは、旦那の帰宅後にはじまる沈黙の暴力=“サイレントモラハラ”のせいでした。

Photo by iStock
-AD-

いつ襲ってくるかわからない過呼吸発作の恐怖に怯えて暮らしていたある日。私達夫婦はお金のことで大喧嘩になりました。「ふざけるな!オレは出ていく!」と荷物をまとめはじめた旦那を横目に、もう一緒に暮らすのは限界かもしれない、子供のために我慢を続けるのは悪影響なのかもしれない、そう思いました。