創立100周年の中国共産党が今、急速に「習近平党」に変わりつつある

中国全土が「真っ赤っか」

中国全土が「真っ赤っか」

あさって7月1日は、中国共産党創建100周年の記念日である。

習近平総書記は、「1949年の建国以来、最大の祝典にする」とばかりに気合十分である。キーワードは、「紅色血脈」。中国共産党の党色である「紅色」の血脈を、次世代に引き継いでいくという意味だ。

すでに中国全土が「真っ赤っか」である。以下、首都・北京、最大の経済都市・上海、そして「一国二制度」が揺らぐ香港について見ていこう。

Gettyimages

まず北京の街には、いたるところに共産党100周年を称えるスローガンが掲げられている。一昔前までは、夜になるとこうしたスローガンを見ずに済んだが、いまや夜になっても、北京のビル群に共産党のスローガンがネオンサインとなって、これ見よがしにライトアップされる。

ざっと目についたスローガンを訳してみると、以下の通りだ。

「熱烈慶祝中国共産党成立100周年!」
「偉大な中国共産党万歳!」
「中国共産党は全国各族の人民の領導核心である!」
「党風の廉政建設を強化し、全心全意人民に奉仕しよう!」
「強固な党の執政を基礎に、全面的な和諧社会を建設しよう!」
「党の建設を全面的に強化、改革し、党の執政能力を不断に引き上げよう!」
「立党は公のため、執政は民のため、栄誉と恥辱を分別し、新たな功績を再建しよう!」
「先峰の作用を発揮し、先進的な本色を永続させよう!」
「創造的で優秀な活動を深く展開し、建党100年の誕生日を祝おう」
「権力は民のために用い、情は民のために結び、利は民のために謀る」
「立党は公のため、執政は民のため、党の執政能力建設と先進性の建設によって社会主義和諧社会の建設を推進しよう!」
「党の先進性を保持し、科学的発展観を実行しよう」
「科学的な発展を堅持し、和諧光沢を共に建設しよう」
……

2008年8月に、北京オリンピック・パラリンピックを開催した北郊のオリンピック公園の一角には、6月18日、巨大な中国共産党歴史展覧館がオープンした。展覧面積は約15万㎡と、東京ドームの3倍以上もある。

この日、習近平総書記が、中国共産党中央政治局常務委員(トップ7)を引き連れて、オープン記念の「初心を忘れず、使命を銘記する(不忘初心、牢記使命)特別展」を参観した。

 

2600枚以上の写真と、3500個以上の文物が展示されている。習総書記が、両腕を後ろに組んで腹を突き出し、6人の常務委員たちに、崇拝する毛沢東主席の偉大な足跡について、右手で指し示しながら説教している。もうすっかりおなじみの姿が、CCTV(中国中央広播電視総台)を通じて報じられた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事