2021.07.01
# 不動産

年収600万夫婦が、神奈川に3500万円で中古マンションを買ったワケ

【本記事で紹介するのは、実際にあった事例をプライバシーに配慮して修正したものです】

3500万円で買った中古マンション

2年前に購入した中古マンションを売却して、新たな新居を購入したい。そんな相談で私たちのもとを訪れたのは、会社員の堀浩さん(45歳・仮名、以下同)です。

神奈川県に暮らす堀さんは、奥さん、小学6年生の娘さん、4年生の息子さんの4人家族です。

世帯年収は600万円台(ご主人は正社員、奥さんはパートタイマー)、2年前に購入した中古マンションの購入が、初めての住宅購入でした。

〔PHOTO〕iStock
 

当時、予算を抑えたいこともありましたが、元気な子供たち(特に下の男児)の足音を気にして1階の物件を検討していたそうです。

8件の物件見学をして、見つけたのが現在住んでいるマンションでした。

築年数が約10年の鉄筋コンクリート造マンションの1階です。広さ68㎡(全体を畳で表すと約40畳)の3LDK。価格は3500万円でした。

駅からは徒歩15分程度で、マンションのエントランスはバス通り(幅員が約7m道路)に向いており、裏側には幅員が約5mの道がありました。堀さんのお部屋の4畳ほどの庭は、その幅員約5mの道に接していました。

予算内で一番築年数が浅かったこと、最寄り駅から徒歩15分であること、子供が通う予定の小学校までの道のりにガードレールなどが完備されており安心できる立地であったことなどが決め手となり、購入を決断しました。

関連記事