2021.08.05
# マンガ

ワンオペ妻が夫と役割交替したら、夫も呆れる“昭和のお父さん”と化した話

共働きだけど、育児はワンオペ。目まぐるしい日常の中、家事育児への参加が少ない夫に不満が爆発する妻。でも、いざ自分が家計を支える立場になると、夫とまったく同じことをするようになり……。

田房永子さんの漫画『大黒柱妻の日常 共働きワンオペ妻が、夫と役割交替してみたら?』で描かれるのは、家計の7割以上を担う“大黒柱妻”になった主人公と、家事育児の大部分を担うことになった夫の葛藤。夫婦が“役割交替”することで見えた夫と妻、それぞれの立場での苦労を、本書から特別にご紹介します!

主人公の丸山芙佐子(ふさ子)は40歳、フリーランスのデザイナー。小学2年生の女の子と保育園年少の男の子を育てる2児の母です。そして夫の丸山利晴(トシハル)は41歳、会社員として働くサラリーマン。ふさ子は出産してから7年間、時間が来たら仕事を切り上げ保育園にお迎え、そして夕飯、お風呂に寝かしつけと、ワンオペ育児に奔走してきました。

 

ですが、根っからの仕事大好き人間のふさ子。家族を一番に思いながらも、徐々に「夫と同じくらい仕事がしたい!」という欲求が膨らんでいきます。

 

とはいえ、家計を支えてくれているのは夫のトシハル。「私はこんなに辛い!」という家事育児の不満をぶつけることはできても、「あなたと同じくらい仕事させて」という具体的な要求はなかなか言い出せません。

 

そこでふさ子が考えたのが、主な家計を自分が担うことで、仕事できる時間を増やしていこうという戦略。つまり、トシハルから「“仕事する時間”をお金で買う」ことにしたのです。

 

自営業のふさ子は自ら営業をかけまくり、猛然と働くことで徐々に収入もアップ。家計の折半はもちろん、支払いの場面でもふさ子がお財布を出すことが増えていきました。すると、夫のトシハルにも変化が現れ始めます。

 

関連記事
「ワンオペ育児、もう限界!」と諦めかけた妻が、「つかれない家族」を手に入れるまで>>

優しいつもりの無神経夫に芽生える殺意!『朝起きたら妻になって妊娠していた俺のレポート』>>

「発達障害で家事力のない妻」を抱えた「ワンオペ・モラハラ夫」が世間から褒められてしまう理由とは>>

菅野美穂・高畑充希・尾野真千子が演じる、発狂しそうなワンオペ母たちのリアル>>

「コップ洗ってない」入院した夫の心ない言葉にその時、私の何かが切れた>>

関連記事