桐花大綬章がほしい…山口県、河村建夫議員の「迷走」に自民党内が大混乱に陥っている

票田は林氏へ…

くすぶっていた保守分裂の火種が燃え上がっている。

山口県選出の自民党参院議員・林芳正氏が衆院山口3区への鞍替えを党内で宣言、次の総選挙で現職の元官房長官・河村建夫氏と真っ向勝負を演じる見通しとなった。

林芳正氏(Photo by gettyimages)
 

下馬評は林氏が優勢だ。

「3区最大の票田の宇部興産は、これまで河村さん支持でしたが、林さんの妻・裕子さんの親族が経営に関わるなど林家と関係が深く、今回は林さん支持。県議団や地元農協、公明党も林サイドに回りつつある。河村さんは相当苦しい」(自民党山口県連関係者)

地元では「河村さんも歳だし、そろそろでは」との声も上がるが、78歳の氏が引くようすはない。その理由は、盟友である二階俊博幹事長の後押しや、政治家としての意地だけではないようだ。

関連記事