「銀行のビジネスモデル」 世界の“潮流”のウラで、日本は深刻な「問題」を抱えていた…!

3メガバンクは、10月以降、インターネットバンキングの振込手数料を引き下げる。しかし、世界の潮流は、送金手数料を無料化することだ。CBDC(中央銀行デジタル通貨)が導入されれば送金手数料は完全にゼロになり、有料のサービスは淘汰されるだろう。

こうした時代に対応した銀行のビジネスモデルは、マネーをデータとして活用することだ。しかし、日本の銀行も電子マネーも、手数料依存モデルから脱却できない。

インターネットバンキングの振込手数料を引き下げ

7月1日の日本経済新聞が伝えたところによると、3メガバンクなど大手銀行は、10月以降、インターネットバンキングの振込手数料を引き下げる方針だ。

by Gettyimages

この記事によると、その目的は次の2つだ。第1に、ATMの維持運営には多大の費用を要するので、ATMの利用から、コストが比較的安いインターネットバンキングの利用へのシフトを促すこと。第2に、銀行外で広がっているキャッシュレス取引アプリに対応すること。

 

この必要性は、以前から認識されていた。そして、全銀ネットを通じる銀行間の取引手数料を引下げた。それをインターネットバンキングの手数料に反映させたのが、今回の措置だ。

上の2つは、必要なことだ。しかし、これによって現在の日本の銀行が抱える基本問題を解決できるとは、とても思えない。

関連記事