2021.07.21
# 韓国

韓国・文在寅の“大誤算”…東京五輪で「支持率回復」シナリオが“大崩壊”で、いよいよ万事休すへ!

佐藤 こはる プロフィール

日本のメディアが「政治利用」と…?

韓国政府は徴用工問題や慰安婦問題を日本へのカードとして散々利用してきた。

しかし、2018年10月に新日鉄住金に賠償を命ずる判決が出されたものの、今年の6月には元徴用工やその遺族らが日本企業16社を相手取り損害賠償を求めた集団訴訟で、ソウル中央地裁は原告側の訴えをすべて退けた。

また今年の1月、元慰安婦による日本政府に対する賠償訴訟でソウル中央地裁は日本政府に賠償命令の判決を下したが、4月には別の原告団の元慰安婦に対する日本政府の賠償命令を退ける判決が出されている。

このように少しの“時差”で司法の判断が真逆になるなど不可解ではあるが、私情で外交関係を展開してきたかのような文在寅大統領の支持率や求心力の低下とともに、司法も文在寅大統領の顔色をうかがわずに判断ができるようになったのかもしれない。今、裁判で違う風が吹き始めている。

 

韓国大統領府は、訪日と日韓首脳会談に関連して「最近の日本のメディア報道は、五輪開幕式に出席する問題や日韓関係の改善問題を政治的に利用しようとする印象があり、注意深く見守っている」と述べていたが、日本側にそのような意図はなく、ほとんどの日本国民もそのように感じ取ってはいなかっただろう。

いつも自分たちがそのような手法をとっているから韓国側はそう思うのではないだろうか。

SPONSORED