2021.07.27
# トヨタ

トヨタ「五輪CM取りやめ」で明らかになった、広告業界の「大きな変化」

これまでの広告とは、まったく別物に…
難波 功士 プロフィール

話が広がりすぎたので、所属選手に対する企業の立ち位置に話を戻すと、「スポンサーからサステイナーへ」となります。

「タニマチになってやるから、その代わり広告塔として機能しろよ」ということではなく、そのアスリートの人格を尊重しつつ、競技を安定的に継続できる環境を整備する、そして企業にとっても選手にとってもよき関係を模索する。そうした関係性を多くの人びとが評価する時代への移行が、日本でも本格化する機会がこの東京五輪なのではと私は思います。

 

今後の広告会社はどうなるのか?

以上、「コマーシャルからソーシャルへ」「プロモーションからソリューションへ」「スポンサーからサステイナーへ」という、たがいに絡まりあった大きな社会のうねりが、「トヨタのCM放送見送り」という波頭として今回現れたとの見立てを述べてきました。

もちろん今後も、これまで通りの広告の手法や機能は残り続けるでしょう。しかし、そこはパイ全体が縮小し、分け前が減っていく領域です。生き残りをかけて、広告会社は次の一手を探していくことでしょう。

これまでのマス広告の土台を掘り崩しかねない「トヨタイムズ」を手がけたのは、テレビCMでもっとも業績を伸ばしてきた最大手の広告会社です。広告会社は、広告(もしくはクリエイティビティ)をテリトリーとし続けるのであって、シュリンクしていく媒体に殉じるわけではありません。

また今回これだけネガティブなイメージがついたことで、五輪自体もシュリンクしていく広告媒体の一つなのでは、というのが結論です。

SPONSORED