テレビ業界と芸能界の「コロナ対策」、「なし崩しでユルユル」の“ヤバすぎる実態”

「コロナ前」に逆戻り
片岡 亮 プロフィール

「もし感染者が出入りする無名のスタッフだったら、その人を排除して進行させていたはず。それは今回のドラマだけじゃなく、どこでも同じ。春や昨年末に関わった他局のドラマ、いずれも検査していたのは出演者と主要スタッフだけ。エキストラや下請けスタッフの検査まではやっていなかった」

本来、テレワークや自宅作業などを増やすことはウイルス対策以外の面でもメリットがあるという話だった。ストレスが軽減され、移動費などのコスト削減、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方で、効率化を見込める…それらはテレビ界でもなく推奨されてきたことだが、「世間の危機感が薄れたとかニュース番組で伝えていても、その現場の危機感も薄れてきている」と前出のフジテレビ・スタッフ。

 

「テレワークや在宅だと、結局はコミュニケーション不足といわれたり、顔が見えない人に『ちゃんと仕事してないんじゃないか』と疑うような風潮があったりで、局も現場から人を減らす体制を作ってはいなくて、当たり前に『局に出てきて』という風になってますからね」

一部の現場では感染者が出ても非公表のままという事例も複数あることが分かった。名のある出演者ならば公表されるが、大規模なクラスターや収録中止でも起こらない限り、伝えていたらきりがないというのもあるだろう。

ただ、各所で感染が続いていることから、「情報公開がないと局に出入りするのが怖い」と話すテレビマンもいる。報道番組では政府の感染対策の緩さを批判してきたが、強制でもされない限り自主的な感染対策を強められないという意識があるのか。

関連記事