2021.08.14
# 韓国

韓国メディアは「恥ずべきだ」…ある韓国人漫画家の「五輪“ネガティブキャンペーン”批判」が話題沸騰中!

田中 美蘭 プロフィール

韓国メディアとネットユーザーへの「批判」

しかし、その反面、五輪開催中の「前半」と「後半」で温度差があったことも否めない。

今大会、韓国は金メダル6,銀メダル4、銅メダル10を獲得したが、これは当初の目標を下回り、マスコミも「不振」を報じている。

特に「前半」では、アーチェリーで男女共に金メダルを獲得したり、団体競技であるサッカー、野球、バレーボールといった種目が行われていたため、盛り上がりも見られたものの、やはり、メダルが有力視されていたテコンドーなどでの種目が振るわずにいたこともあり、「後半」になるにつれてトーンダウンしていったという印象は否めない。

韓国選手の活躍が見られた photo/gettyimages
 

そんな中、漫画家のユン・ソイン氏が東京オリンピックに関して散々、酷評や揶揄をしてきた韓国メディアやネットユーザーたちに対して皮肉を込めた評価やコメントをして注目を集めている。

ユン・ソイン氏の作品はゆるっとしたキャラによる風刺的なものが多く、日本にも造詣が深いことから日本文化を紹介したものもある。Twitterやブログなどでも積極的に発信を行なっている反面、時として、社会問題などに対する過激な発言が波紋を呼ぶこともある。

また、ユン氏はオリンピック開幕前に韓国選手団が選手村のバルコニーに掲げた横断幕問題めぐって、何かにつけて韓国が日本に因縁をつける風潮を「恥ずべきこと」と痛烈に批判したことでも注目された。

SPONSORED