2021.08.20

コロナで縁日が「消滅」…その余波で「テキヤ」に起きている苦しい事態

兼業はしているものの…

コロナ禍のため、各地で祭りが次々と中止されている。大きな打撃を受けているのが、縁日に様々な店を出しているテキヤの生業だ。テキヤの業態について解説した前半記事『9割の日本人がよく知らない…縁日で屋台を出している「テキヤ」の商売の内幕』に引き続き、コロナ禍でのテキヤの苦境について紹介する。

知られざる縁日の裏側

神社の祭りは郷愁を感じさせ、日本人の心に刻まれる郷里の思い出である。威勢よくタンカを切るテキヤの兄さんや、お面やりんご飴を売る姉さんに憧れた人も多いのではないだろうか。しかし、実際は大変である。イベント業界が概してそうであるように、祭りはその前後が忙しい。

Photo by iStock
 

タカモノ(仮設興行など)や「ヤチャ」(茶屋)など、人を収容する施設を設営するには、自分たちで建築業者のようなことをしなくてはならない。小屋の骨組みから屋根張りまで、若い衆が協働して行う重労働である。

飲食のネタは信用に関わる。お客が食中毒にでもなったら、神社側にケツを持ち込まれるから相当に気を遣う。だから、焼き鳥やイカ焼きなどのネタは、一度熱湯で湯がいてから冷凍する。祭りの時は、それらを解凍しながら客前で焼いて提供するのである。

他所から来た旅人である出店者の管理は、ニワ場の親分が世話人として、そつなく対応しなくてはならない。出店料、電気代からゴミ銭、冥加金(寺社に奉納する金銭)の徴収まで、世話人の若い衆が1軒ずつ訪問しては現金で集めて回る。これが大体、三寸ひとつ当たり13~15万円である。内訳は、電気代4万円、ショバ代(期間通しで)6万円、冥加金3~4万円である。

SPONSORED