元祖女装男子? 平成期の人気少女マンガ「プライベートアイズ」をご存知ですか

第5回「プライベートアイズ」

子どもの頃、どんな少女マンガを読んでいましたか? クラスの中では、なかよし・りぼん・ちゃお・花とゆめなど派閥が分かれていたり、応募者全員サービスのグッズが欲しくて切手を送ったり、夏の増刊号の怖い話特集がトラウマになったり…。

そんな「懐かしい〜〜!」と思わず身悶えしてしまうような記憶が再び!

現代ビジネス少女マンガ部では、平成期にマンガ誌「なかよし」に連載されていた懐かしの作品を毎週火曜日にリレー形式で紹介します。

無料試し読みもありますので、ぜひ当時のときめきを思い出してみてください。

思い出や感想ツイート、リクエストツイートもお待ちしてます。Twitterのハッシュタグ「#現代ビジネス少女マンガ部」をチェック!

ルームメイトのヒミツは…「プラべートアイズ」

第5回で取り上げるのは、「なかよし1995年12月号」より連載がスタートした「プライベートアイズ」。野村あきこさんによる「やまとなでしこ同盟」の次作として、“ポップなスパイコミック”の肩書きとともに登場しました。

「プライベートアイズ」(講談社)

この号の表紙は人気爆発中の「美少女戦士セーラームーン」。連載作品を見ると、「魔法騎士レイアース2」「ようこそ!微笑寮へ」「怪盗セイント・テール」「まぼろし谷のねんねこ姫」「あずきちゃん」「あいりんドリーム」「アルバイトKIDS☆GO!」などの人気作が名を連ねています。

資料/講談社資料室

「プライベートアイズ」は、1995年12月号から1996年11月号まで連載。連載終了後、「なかよし」の姉妹雑誌として刊行されていた「るんるん」1997年7月号において、本編の前日譚となる「FILE0」も掲載されています。

あらすじを見てみましょう。

<全寮制の女子校、聖園学園にかよう里花(さとか)の前に現れた転校生、時緒(ときお)は、なんと学園に潜入した女装の男スパイだった! ふたりは学園に起こる怪事件の謎を追うが!?>

 

女装男子にドキドキ

本作のポイントは「女装男子×学園ミステリー」。里花が待ち望んでいたルームメイトの転校生が、第1話にして「女装した男の子」だと発覚。時緒と名乗るその少年に不信感をつのらせるのですが、実は聖園学園では「家庭科室でガスがもれる」「体育の時間に事故がおこる」など校内で立て続けに異変が起こっていました。彼はその原因を探るべく、とある人物の依頼を受けた密偵だったのです。

時緒は、女子高のなかに紛れ込んでもまったく違和感のない美少年。アメリカに留学経験があり英語がペラペラだけど、国語は大の苦手。回を重ねるごとに里花への溺愛ぶりが増していくのも、見どころです。一方、里花は温厚・まじめ・お人好しと評されるミーハー娘。周囲にキャラの濃い人間が多いなか、読者目線で親しみやすいヒロインでした。

謎解きも本格的でミステリー要素が満載。学園には里花が憧れる3年生の広瀬碧、寮長で学園の人気者の浅見響子、里花がカッコいいと慕う担任で英語担当の香取先生など、多様なキャラクターが登場し、誰もが信頼できるようで怪しくも見えてきます。

学園の謎をめぐる物語はどんでん返しと「え!まさか!?」の連続。平成期の人気ミステリー漫画は今も読みごたえ抜群です。

「プライベートアイズ」(講談社)
次回は9月7日に更新です。お楽しみに!

(c)Naoko Takeuchi 

関連記事