ここ数年でSDGsの認知度はぐっと高まり、アクションを起こしている著名人もたくさんいます。彼らはどのような社会課題について問題意識をもっているのでしょうか。今回は、お笑いコンビ・ミキの亜生さんに話を聞きました。

 

猫たちが教えてくれた
手を差し伸べることの意味

お笑い界きっての猫好きで知られるミキの亜生さん。これまで30匹以上の身寄りのない猫たちを保護してきたが、もともとは猫が苦手だったというから驚く。

「観覧車スタッフのバイトをしてた大学生の頃、雨の日にポツンと座っている猫を見つけたんです。気になって見に行ったら足を引きずりながらついてきて、結局、スタッフ用のヒーターの前で5時間くらい寝てもうて。『看板猫とかどうすか?』って提案したんですけど、猫嫌いなボスが『いやや、そんなん!』って(笑)。それで仕方なくジャンパーの中に入れて原付で帰ったんです」

友人が里親になってくれ、猫との生活は数ヵ月で終わった。寂しいというよりホッとしたのが本音だった。猫への愛が芽生えたのは次に出会った助六の存在が大きい。

「家の近くの塀の間に子猫が挟まってて。生後数日で目も耳も開いてないし、これはあかんってことで一緒に暮らし始めたんです。ミルクもトイレも2時間おきで、ネタ合わせの途中で家に帰って、またすぐチケットの手売りに行ったりして、めちゃくちゃ忙しかったですね。死んでたらどうしよう……って、家に帰るのが怖かったなぁ」

必死の育児で無事に育った助六。たまに預ける実家の家族にも懐かない人見知りの猫だったが、亜生さんだけには違った。

「実家に迎えにいくと、『この子、一回も触らしてくれへんかったわ』と家族が言うんですけど、言い終わる前に助六はもう僕の上に乗ってるんです。うわ~!! なにこのかわいい生き物!? って(笑)。一気にメロメロになってしまったんです」