2021.09.09

おじさんたちがマッチングアプリで「高田純次」と検索している「驚きの理由」

高田純次の「適当力」を徹底考察!
山田 ゴメス プロフィール

大御所からも頻繁に聞かれる「純次リスペクト」の声

高田純次(74)は、「トークお化け」の異名でならす、いまだ現役トップの実力と人気を誇るあの明石家さんま(65)に「すごい!」と言わしめた“芸人”である。

先日放送された『週刊さんまとマツコ』(TBS系)でのトーク中、マツコ・デラックス(48)が

「テレビに出始めのころは、高田純次さんのような芸風に憧れた」

……と発言。すると、さんまは

「高田純次さんになりたいとか、好きって言う芸能人多いな。なりたいっていうのもわかる!」

……と猛烈に共感。さらには、

「すごい計算されてるのも事実やし。簡単にやってらっしゃるように見せてるのがすごい」

……との大絶賛のあと、実際に楽屋であった、以下のようなエピソードを披露した。

photo by gettyimages
 

(高田がヒゲを長く伸ばしていた時期に、さんまがそのヒゲについて指摘したところ、高田は)「役作りでね」と一言。そして、すぐさま高田は振り返って「まだ仕事は来てないんけど」とつぶやき、楽屋から去っていった。

……らしい。

こうした、一連の適当ではありながらも洒落たやりとりから、さんまは「ああいう風に生きてみたいなあ…」と痛感したという。

関連記事