縦と横のつながりの中で
声を聴き次につなげる

松田 フェミニズムを自分とは関係ない思想とか、専門的な知識が必要だと思う人もいるかもしれないけれど、意識しなくても結構みんなフェミニズムを体内に搭載しているぞと私は思っていて。女性として生きることに違和感を持ったり、何かがおかしいんじゃないかと疑問を抱いたり、自分はもっと違う生き方をしたいと模索したり。そういうひとつひとつの思いや行動が実はフェミニズムなんですよね。

-AD-

松尾 その通りだと思う。フェミニズムは個人の中にある。フェミニズムとは何かと聞かれたら、私は「性差別をなくす思想であり運動」だと答えることが多いのですが、性差別があればそこにフェミニズムが必要になる。

松田 そうそう、あらゆる場所にフェミニズムが必要だし、フェミニズムがある。この間、公園で近くにいた女性たちがあるフェミニズムの運動を批判していたんです。でもその後に、夫や周りの人がいかに育児をしている自分の現状を理解してくれないか、日々モヤモヤすると話していた。そのモヤモヤとさっきまで批判していた問題は全部つながっているし、ただそれがフェミニズムだって気づいていないだけなんじゃないかと思いました。

松尾 松田さんは『持続可能な魂の利用』で、育児や低用量ピル、セクハラ、痴漢など日本で生きていれば誰もが直面する問題を書いていますよね。この小説を読むと、フェミニズムが自分の日常と地続きだってわかると思う。

松田 性差別って小さい頃から積み重なっているものだから、ひとつの出来事を取り出して、これだって言えないんです。

松尾 そうなんです。子どもの頃からずっと、おもちゃや洋服からテレビ番組や本まですべてが男女に分けられていたから、私も言葉にするまで時間がかかりました。

松田 家父長制の中で教育を受けて成長してしまったので、違和感の正体に気づけなかった時間がすごく長い。それがすごく悲しいなって今になって思います。『男の子になりたかった女の子になりたかった女の子』という短編集では、今だから気づける昔の嫌だったこと、自分にかかっている呪いをひとつひとつ解体していきたいって気持ちがありました。

松尾 その中の「許さない日」で、ブルマへの恨みが言語化されています。松田さんが書いてくれた、ブルマをはかされることの嫌さを、あの頃の友達と共有できたならどれだけよかったろうと思う。