2021.09.08

電話主の声はしゃがれていた…都市伝説YouTuberが驚愕した壮絶コロナ体験

小泉 カツミ プロフィール

ただ抜けるのを待つだけ

ここまで聞いてきて、素朴な疑問がふつふつと沸いてきた。

岸本さんの体験を聞く限り、自宅療養にしても、「ホテル隔離」にしても一切「治療」はされていない。

昨年、新型コロナウイルスの恐怖が語られ始めた当時、レムデシビルだとかデキサメタゾンだとか舌をかみそうな名前の治療薬があることが盛んに話題になったはずだ。
しかし、実際には自宅やホテルでは「どうぞ、勝手に寝て療養してください」と言うことでしかない。

つまり、風邪やインフルエンザと等しく、症状を下げる処置は推奨するが、基本的には個人の自然治癒力に任せて、症状が軽減するのを待つ。

「ただウイルスが抜けて感染しない状態になるのを待つだけ」なのである。

もしかしたら、「当たり前でしょ、そんなこと」と思われるかもしれない。しかし、筆者は本気で「何らかの処置や治療」をしてくれるものだと思い込んでいたのである。

都市ボーイズYouTubeより

さて、「ホテル隔離」を終えた岸本さんは、晴れて自宅に帰れる身となった。しかし、岸本さんはすぐに自宅に戻ることは選ばなかった。

「僕は2つのポイントから、自分でまた違うホテルに予約して数日間過ごしました。そこはもちろん自費になります。

同居人がいる場合その人は濃厚接触者になるわけですよね。その人は、陽性者がホテルに入るまでは接触していたわけですからね。そこで、一応『抜けた』元陽性者が家に戻ると、再び感染することもありうる。すると負のスパイラルになる。僕には免疫ができていることになるわけだから、感染する確率は低いと思う。ただ、それも100%でもないし、実際感染する人もいるから、僕はそれをきっちり守ったということなんですね」

 

もう1つのポイントは洗濯物だった。

「ホテル療養で溜まった洗い物がたくさんあった。それにはウイルスが付着している可能性があります。それを家に持って帰ったら同居人に感染する場合もあるなと思った。そのための安全策ですね。だから洗濯のできるホテルに行って、いったんそこで全てきれいにしてから帰宅したわけなんですね。これを過剰だと思う人もいるでしょうね。まあ、それぞれの自由だと思います」

関連記事