感染者数を間違えて、訂正・謝罪を連発…ここにきて、NHK「凡ミス多発」しているワケ

字幕の間違いが多発

「緊急事態宣言下でテレワークしながら、コロナ、五輪、パラリンピック、豪雨に同時に対応するのは正直、厳しい。放送直前まで編成は決まらないし、取材するのは寄せ集めの応援部隊です」(報道局中堅ディレクター)

今年の夏は、NHKの様子がどこか変だった。単なる言い間違いだけでなく、特に重大とされる字幕やVTRの間違いが多発したのだ。

Photo by iStock
 

中でも「膨大な数の問い合わせと苦情が寄せられた」(編成局局員)のが、8月20日の「おはよう日本」で報じた「子どものコロナ感染者数」。

8月17日までの1週間で、「10歳未満が4万7000人あまり、10代が10万2000人あまり増えた」としたが、実際には前者が7441人、後者が1万4734人と、はるかに少なかった。

「お子さんがいる視聴者が多かったこともあり、SNSで拡散されてしまった。番組中だけでなく、コーナーの内容を転載するネット記事でも訂正を出しました。

直前の16日には、アフガニスタンのガニ大統領が国外脱出する様子の映像を、1ヵ月前の外遊の映像と間違えたまま朝と昼のニュースで2回も流し、『ニュース7』でお詫びしたばかりだった」(報道局ベテラン記者)

関連記事