中国にも打撃を与える…オーストラリアが「原子力潜水艦」の建造を決めた事情

太平洋で「対中包囲網」が築かれている

オーストラリアが原潜建造へ

インド太平洋の中堅国オーストラリア(豪州)が米英両国の支援を受けて、原子力潜水艦(原潜)を8隻建造し、保有することになった。実現すれば、核兵器を保有する米、英、中国、ロシア、フランス、インドに次ぐ7番目の原潜保有国となり、核兵器を保有しない国としては世界初だ。

バイデン米大統領は15日、米英豪3カ国の新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」の創設を公表し、最初の取り組みが米国による豪州への原潜技術の供与になることを明らかにした。

米海軍のバージニア級原潜(米海軍のホームページより)
 

またバイデン大統領は「21世紀における脅威に立ち向かう能力を高め、最新のものにする」と述べ、台頭する中国を念頭に、人工知能、サイバー、量子テクノロジーなど最新分野でも連携することを強調した。AUKUSは軍事色が濃厚な枠組みとなる。

豪州は第一次世界大戦以降、常に米国や英国の側に立ち、アフガニスタン攻撃やイラク戦争にも参戦してきた米英の古い同盟国だ。情報機関が傍受した他国の通信情報を共有する「ファイブ・アイズ」(米、英、豪、カナダ、ニュージーランド)の一員でもある。

とはいえ、原潜保有国にとって原潜の建造技術は秘密中の秘密。1958年に米国が英国にその技術を提供して以来となる。

元々は米国の技術で建造された英海軍のトラファルガー級原潜(英海軍のホームページより)

原潜は、通常動力型潜水艦がディーゼルエンジンと蓄電池を推進方式として併用するのに対し、核分裂による熱エネルギーでスクリューを回す。蓄電池の充電にディーゼルエンジンを回すため酸素を必要とする通常動力型と比べて、潜水時間が圧倒的に長く、隠密行動が求められる潜水艦にとって最適な構造となっている。

関連記事